民進党熊本県連は3月15日、「国民と国会をだます安倍政権NO!緊急街頭演説会」を熊本市中央区のぴぷれす熊日会館前で開催し「安倍政権は退陣を」と訴えた。

鎌田聡代表(熊本県議会議員)は「財務省だけでは勝手に文書の書き換えをできない」と財務省理財局だけに責任を押し付ける政権の姿勢に疑問を投げかけ、「安倍昭恵首相夫人の国会招致で真相を究明すべきだ」と訴えた。

連合熊本の上田淳会長もマイクを握り「当時の理財局長だった佐川宣寿氏にすべての責任を押し付けようとしている」と政府の対応を批判した。

最後に、大塚信弥青年委員長(熊本市議会議員)の音頭でガンバローをして徹底究明に向けて気勢をあげた。